アパートの鍵を無くしたら警察に届けよう

警察相談には数多くのメリットがあります。「面倒だし、どうせ見つからない」と相談をしないでいると後で大損するかもしれません。アパート全部の鍵交換費用を請求された事例もあるため、事前に紛失届けは出しておきましょう。

鍵紛失を警察に連絡するメリット

鍵を見つけた場合に連絡がもらえる
まず交番や警察に行き、鍵の紛失を相談すると見つけた場合の連絡がもらえます。運が良ければ、相談してみると、鍵がすでに交番に届けられていていることもあります。そのため、早期解決する可能性が高いのです。
駅やコンビニで鍵を保管してもらえる
駅やコンビニなど、落とした周辺にある施設の方に警察から遺失物の連絡が入ります。これにより、見つけた場合はすぐ処分されず長く鍵を保管してもらえるので、無くしてから早い段階で見つかることも多くあります。
紛失届けを出しておくことで鍵の交換費用軽減
紛失届けを行なった際の管理番号や書類が、火災保険の補償判断や管理会社との契約確認に必要になることもあります。届けを出していない場合、費用を全額負担させられることもあるので、相談しておきましょう。

もう無くさない!鍵の管理徹底方法

鍵管理のオススメグッズ

一度の紛失に懲りて、「もう絶対失くさない!でもどうしたらなくさないだろう?」と考える人も多くいます。失くしたくない鍵の管理にオススメなグッズをご紹介します。

スマホで探す鍵探し
デンソーのキーファインダーや、ラトックシステムを利用すれば、鍵を紛失した場合もスマホから探すことができます。スマホのアプリを利用して、紛失した鍵を探せるので落とした範囲が広い場合にも鍵探しが可能になります。
家の中や部屋での紛失に対応
キーファインダーは、親機のボタンを押すと対応した子機から音が鳴ります。カバンの中や家の中で無くすことの多い人にオススメです。いくつかの鍵を管理できるので、車の鍵や家の鍵などに子機をつけておくと、親機一つで探せます。
TOPボタン