自力での鍵開けは意外と難しく法律違反になることもあります

法律違反になることも?自己開錠のリスク

昨今はピッキングやバンピングなどの手順が動画で出回るなど、鍵開けが容易に行なえると考えられていることもあります。しかし、実は簡単なように見えてリスクも存在するのです。安易にはできない自己開錠のリスクをご紹介していきます。

自分で鍵開けは危険?自己開錠Q&A


ピッキングは自分でできるリスクの少ない方法ですか?
ピッキングは専用の道具や針金などを使って行なう必要があります。簡単にできるとされていますが、多少練習は必要ですぐに成功はしません。その間に鍵穴を傷つけてしまう恐れもあります。
ピッキングは鍵屋しかできない?
ピッキングについては、ピッキング防止法があります。これにより、特殊開錠道具の所持禁止などが定められています。また、自分の家や持ち物でも、不正開錠を行なおうとしていると怪しまれて通報される恐れもありますよ。
バンピングは自分でもできる?
バンピングの手法はバンプキーなどのダミーを差し込んでハンマーやドライバーでたたきながら開錠します。鍵穴への負担があり、失敗すると鍵をシリンダーごと交換しないといけなくなる恐れもあります。

スムーズに鍵開けを依頼するならアパートの鍵穴をチェック

アパートに多いシリンダータイプ

現在のマンションに多く使われているタイプ。鍵穴は一の真ん中がへこんだv字のようになっています。鍵本体は片側のみがギザギザしています。似た鍵穴に、ディスクシリンダー・ロータリーディスクタンブラーなどがあります。

防犯対策効果が高いディンプルシリンダー

鍵穴はくぼみの無い真っすぐな形状です。鍵側の先端は丸く、大小のくぼみがあります。ピッキングやバンピングに強い鍵です。交換費用や開錠費用がやや高い傾向にあるので、利用する際にかかる費用を聞いてから鍵屋選びをしてもいいでしょう。

TOPボタン